離乳食 下痢

離乳食期の赤ちゃんの下痢 対処法

下痢をしているということは便が緩いわけですから、便にかたさを与える食材を使ったメニューが望ましいです。

ジャガイモ

下痢をした時におススメで、便をかためてくれる食材の一つ。
同時にビタミンCも補えて一石二鳥。
カミカミ期を過ぎていれば多少であれば薄く塩味をつけてあげてもOK!

 

レシピ

ジャガイモをやわらかくなるまで茹でたものを潰して少量のお湯と共にお粥に混ぜるだけ!!
口当たりがいいので赤ちゃんも喜んで食べてくれますよ。

リンゴ

ペクチンという食物繊維豊富なので便秘にも下痢にも効く食材の一つ。
下痢の時に与えると便をかためてくれるのに役立ちます。

 

レシピ

レンジでチンしてよく混ぜた水溶き片栗粉(水大さじ2と片栗粉小さじ1/4)に、リンゴをすりおろしたもの大さじ1/2を混ぜるだけ!!
リンゴの酸味と甘さが赤ちゃんに大人気で味付けいらず。

下痢のたびに失われていくビタミン類や水分も補給しないと脱水症になってしまう恐れがあるので要注意。

下痢をしている時の離乳食のポイント

水分とミネラルをしっかり補給させましょう

下痢をするたびに失われる水分とミネラル。
一番手軽なのは市販されている赤ちゃん用のイオン飲料をこまめに与えてしっかり水分補給とミネラル補給させること!
他にも麦茶、湯冷まし、野菜スープなども◎

 

ペクチンを摂らせましょう

ペクチンとは食物繊維の一種で人参とかリンゴに豊富に含まれています。
デンプン質食材との組み合わせが下痢に◎
特にすりおろして与えるとより効果的です。

 

デンプン質食材を使ったメニューにしましょう

下痢の時はデンプン質食材をメインに!
ジャガイモ、お粥など便をかためるだけでなく、デンプン質は消化吸収にも優れているので◎
お粥は水分と塩分を同時に摂取できてその吸収をサポートしてくるので◎

 

病気が疑われることも!?

赤ちゃんが下痢をしても食欲があって機嫌が良ければ問題なし!!
上記を意識しながら献立を考えてみましょう。
もし食欲がない、吐く、発熱を伴うなど下痢と共に気になる症状が見受けられる時は、こまめに水分補給させて脱水症予防を心がけながら病院へ!

離乳食期の下痢時に摂取を控えたい食品

繊維豊富な食材や油脂類など消化されにくいもので、「便秘に効く!」って言われる食材が下痢の時はNGであることが多いです。

 

  • キャベツ
  • もやし
  • 小松菜
  • 裏ごしなしの豆類
  • ねぎ
  • トマト
  • キュウリ
  • 生クリーム
  • ごま
  • サラダ油
  • 牛乳
  • 柑橘類とその果汁(リンゴ果汁はOK)
もうほったらかしにしない!おすすめのお通じ食品
するっと抹茶 カイテキオリゴ はぐくみオリゴ

するっと抹茶

 おやつにスプーンで


オリゴ糖と水溶性の食物繊維が入った、乳児やこどもにも安心のお通じ用抹茶ドリンク。


コレ

カイテキオリゴ

食事に混ぜるだけ


ほんのり甘い高純度オリゴ糖。天然食品のオリゴ糖では日本一の大人気商品。食事や飲み物に混ぜるだけ!


コレ

はぐくみオリゴの写真

自信の10日間返金保証

スッと溶けるオリゴ糖で、なんにでも混ぜられるので便利。初めてなら返金保証は安心です。 


コレ