離乳食 9ヶ月

9ヶ月の離乳食は3回食へ

9ヶ月になると離乳食は1日3回食となると共に母乳やミルクを飲む量も減ってくるので、離乳食の栄養面を考慮したメニューを意識しなければなりません。

 

でもこの頃になれば離乳食で使える食材も豊富になってくるので、色々な食材を取り入れて素材本来の味を覚えさせましょう。

 

9ヶ月は歯茎でカミカミの練習期ですから、バナナあるいは豆腐程のかたさを目安に歯茎で楽に潰して食べられるよう意識して!!

9ヶ月に食べさせたい食材とサイズ

赤ちゃんに食べさせたい食材は

 

  • 新鮮な魚介類 ⇒ 貝類、えび、カニ、青背魚(サンマ、いわしなど)
  • 赤身の肉
  • 海藻類
  • 豆類

 

食材のサイズ

5mm角程度からスタートし徐々に7mm角程度へ

食材のかたさ

バナナくらいが◎ ※かた過ぎてもやわらか過ぎてもNG

9ヶ月離乳食のカミカミ期の母乳やミルク

1日に離乳食を食べる回数が増えると共に母乳やミルクを飲む量や回数が減ってきます。

 

なので離乳食に含まれる水分や食材の栄養価を意識した献立にしないと、便秘になってしまう赤ちゃんも出てきます。

 

とは言え、無理に母乳やミルクの回数や量を減らす必要はありません。
赤ちゃんが食べたいだけ離乳食を食べたら、飲みたいだけ母乳をやミルクを与えてOK!

 

この時期も赤ちゃんのペースに合わせてあげれば良いです。
ちなみにフォローアップミルクへの切り替えもOK

フォローアップミルクの必要性

体の動きが活発になるこの時期。
成長に伴い2歳になるあたりまでが鉄欠乏症が最も多いとされています。

 

そこでカルシウム補給にと母乳やミルクを与えずに牛乳を与えるママさんがいますが、

 

牛乳は鉄の含有量が少ないため、早い時期からそればかり与えていると鉄欠乏性貧血の原因になってしまうことも!!

 

そこでおススメなのがフォローアップミルク。

 

普通のミルクより値段が安いのでもともとミルクの場合は切り替えやすいですが、完全母乳できた場合は切り替えのタイミングが分からないままスルーしてしまう人が多いです。

 

一般に3歳頃までに飲ませるようメーカーでは推奨していますが、赤ちゃんの様子や離乳食の内容を見ながら切り替えていくといいでしょう。

 

もちろん牛乳もカルシウム補給に最適なので慣れさせておくといいです。

もうほったらかしにしない!おすすめのお通じ食品
するっと抹茶 カイテキオリゴ はぐくみオリゴ

するっと抹茶

 おやつにスプーンで


オリゴ糖と水溶性の食物繊維が入った、乳児やこどもにも安心のお通じ用抹茶ドリンク。


コレ

カイテキオリゴ

食事に混ぜるだけ


ほんのり甘い高純度オリゴ糖。天然食品のオリゴ糖では日本一の大人気商品。食事や飲み物に混ぜるだけ!


コレ

はぐくみオリゴの写真

自信の10日間返金保証

スッと溶けるオリゴ糖で、なんにでも混ぜられるので便利。初めてなら返金保証は安心です。 


コレ